忍者ブログ

コガタスズメバチも都会へ進出中!

コガタスズメバチもだいぶ都会で見られるようになりました。植木の間や屋根の軒下などに巣を作ること、比較的雑食なことが原因でしょう。一体どんな生態をしているのでしょうか?

2017.12.13 Wednesday 08:18

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コガタスズメバチの巣は比較的小さい方だとは
思いますが、大体バレーボールくらいが一般的です。

解放空間に巣を作るため、その姿は良くわかると思います。

女王蜂が巣作りをし、働き蜂が生まれてくると
巣は拡張され、大体直径が25センチから30センチにまでなります。

この巣への入り口は1箇所で、横に出来ます。

巣盤の数は3から4個で、総育房数は300から600ほどになります。

働き蜂の総数は最盛期でも50から100匹くらいです。

他のスズメバチに比べたら少ない方ですね。

雄と新女王蜂は50~200匹くらいとなります。
PR
スポンサードリンク

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

バーコード
アーカイブ
ブログ内検索

OTHERS
Powered by [PR]
Designed by TABLE ENOCH