忍者ブログ

コガタスズメバチも都会へ進出中!

コガタスズメバチもだいぶ都会で見られるようになりました。植木の間や屋根の軒下などに巣を作ること、比較的雑食なことが原因でしょう。一体どんな生態をしているのでしょうか?

2017.12.13 Wednesday 08:21

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コガタスズメバチって聞くと、小型?小さいスズメバチ?
と思ってしまうかもしれませんが、特に大きさが小さいわけでは
ないように思われます。

大きさ的には、キイロスズメバチよりも大きいことが
多いみたいです。

体長は、女王蜂で25~29ミリ、働き蜂は21~27ミリ、
雄蜂は22~26ミリになります。

なお、ちょうどオオスズメバチをそのまま小さくしたような
スズメバチのように思われます。

このコガタスズメバチは全国的にも幅広く分布し、
近年、都会など町にも巣が見られるようになりました。

恐らくこれは、その食性がいろいろな昆虫を
獲物としているからだと考えられます。

ちょっとした庭木にもいつの間にか巣ができていて
全く気が付かなかったという例も報告されています。

もしいつの間にか巣があり、困っているようでしたら
スズメバチハンターに相談しましょう。

以下のサイトでは無料でメール相談えお受け付けています。

スズメバチの巣をまるごと生け捕り!―会津のスズメバチハンター
PR
コガタスズメバチの女王蜂は、5月に巣作りを開始し、
6月から9月には働き蜂が生まれてくる。

生殖昆虫である雄蜂と女王蜂は、9月から11月ごろには
生まれてくる。

交尾後の女王蜂は、主に朽木の中で越冬します。

コガタスズメバチの初期巣は特徴的で、
徳利をちょうど逆さまにしたような形をしており、
とてもわかりやすい。

なおこの徳利の先端はかじり取られて、
一般的な球状になります。
コガタスズメバチの巣は比較的小さい方だとは
思いますが、大体バレーボールくらいが一般的です。

解放空間に巣を作るため、その姿は良くわかると思います。

女王蜂が巣作りをし、働き蜂が生まれてくると
巣は拡張され、大体直径が25センチから30センチにまでなります。

この巣への入り口は1箇所で、横に出来ます。

巣盤の数は3から4個で、総育房数は300から600ほどになります。

働き蜂の総数は最盛期でも50から100匹くらいです。

他のスズメバチに比べたら少ない方ですね。

雄と新女王蜂は50~200匹くらいとなります。
コガタスズメバチが獲物として利用している昆虫も
多岐にわたっています。

この種もキイロスズメバチのようにいろいろ狩ります。

例えば、ハエやアブ、ハチなんかも獲物になります。

また、アシナガバチの幼虫やサナギも肉団子にしてしまうとか・・。

この他に、成虫は樹木の樹液をなめる行動が観察されている。
コガタスズメバチの性格は、まあまあおとなしく、
結構近づいても、威嚇してきません。

巣や巣に触れている枝に触れたりしない限りは
攻撃はしてきません。

ただし、ひとたび巣に触れたりすると、
これでもかというぐらい、巣穴から働き蜂が
ワラワラでてきます。

こんなに入っていたのか、と驚くこともあります。

生垣や庭木などの剪定や草刈りなどの仕事をしており、
全く気が付かず、巣または巣付近の枝を
ゆすってしまい、攻撃される事が多々あります。

一度巣に刺激を与えると、それ以降警戒心が高まり、
近づいただけで攻撃を受けることもあるので
充分注意が必要です。

参考文献:社会性カリバチの生態と進化
スポンサードリンク

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

バーコード
アーカイブ
ブログ内検索

OTHERS
Powered by [PR]
Designed by TABLE ENOCH